[BW-LOG]株式会社BitWorks(ビットワークス)のブログ
12月 28
//URLの変更
UPDATE wp_options SET option_value = replace(option_value, 'http://以前のURL', 'http://新しいURL') WHERE option_name = 'home' OR option_name = 'siteurl';

//GUIDの変更
UPDATE wp_posts SET guid = REPLACE (guid, 'http://以前のURL', 'http://新しいURL');

//エントリー内URLの変更
UPDATE wp_posts SET post_content = REPLACE  (post_content, 'http://以前のURL', 'http://新しいURL');

//画像パスの変更
UPDATE wp_posts SET post_content = REPLACE (post_content, 'src="http://以前のURL', 'src="http://新しいURL');

UPDATE wp_posts SET  guid = REPLACE (guid, 'http://以前のURL', 'http://新しいURL') WHERE post_type = 'attachment';

//Metaの変更
UPDATE wp_postmeta SET meta_value = REPLACE (meta_value, 'http://以前のURL','http://新しいURL');

その他PluginがDB等を利用しており、URLが入っている場合は上記のようにREPLACEが必要です。

またパーマリンクを私用している場合は.htaccess内のパス変更も必要となります。

10月 09

モデリングツールとしてwwwsqldesignerを使用しています。

ブラウザでER図を書いてSQLに落とせるツールです。

作成したモデル構成を残す方法です(忘れるのでメモ)

1、
ローカルDBにデータベースを作成して下記ファイルのSQLを流し込みます。
/htdocs/wwwsqldesigner/backend/php-mysql/database.sql

2、
下記ファイルを編集
/htdocs/wwwsqldesigner/backend/php-mysql/index.php

	function setup_saveloadlist() {
		define("SERVER","localhost");
		define("USER","xxx");
		define("PASSWORD","xxx");
		define("DB","xxx");
		define("TABLE","wwwsqldesigner");
	}

※function setup_import()に設定するとリバースエンジニアリングできるようです。
とても便利です。

4月 16

デベロッパー向けにTwitter APIの技術情報とアプリケーションの開発のヒントを掲載したTwitterのデベロッパー向けサイトがオープンしましたね。
dev.twitter.com

twitter-api-site

twitter-api-site

[Your apps]から登録中のアプリを確認することができます。

[Register an App]からアプリを登録する事ができます。いままではTwitterアカウントの設定からでしたが、こちらのサイトで管理することができるようです。

[API Status]現在のアプリのステータスを確認することができます。

twitter-api-status

twitter-api-status

これは見やすくてよいですね。

3月 17

Viewで同じレイアウトでよく使うパーツを使うとき、renderElementを使います。
ログインフォームやサイドバーに出す部分などでよく使うやつです。

Smartyだとこんな感じですね。
index.tpl

{include file='form.tpl'} 
{include file='ranking.tpl'} 

Cakeの場合は以下のようになります。
index.ctp

    <?php echo $this->renderElement("form")?>
    <?php echo $this->renderElement("ranking")?>

下記のファイルがインクルードされます。

views/elements/form.ctp
views/elements/ranking.ctp

3月 17

Cakeでlistアクションにcategoryとpageを渡す場合、下記のようなURIになります。
http://localhost/blog/list/3/2

コントローラー側:

    function list( $category, $page ){
        //処理
    }

listアクションへのパラメーター数が違うパターンがあると面倒です。

下記のように”URL/パラメーター:値”の形にするとパラメーター付きで値を
渡せます。

http://localhost/blog/list/category:3/page:2
コントローラー側:

    function list(){
        $this->params['named']['category']; 
        $this->params['named']['page']; 
    }

3月 16

/cake/libs/view/layouts/default.ctp

/app/views/layouts/default.ctpにコピーして編集して使います。

コントローラーから下記のように指定できます。
(/app/views/layouts/admin.ctpを指定する場合)
$this->render($layout=’admin.ctp’, $file=’index.ctp’);