7月 14

WordPressは2.7xから自動でプラグインがアップデートできます。
とても便利になりました。
本体も自動アップグレードできるが、まだバグがあるようです。

CORESERVERでのWordPressの自動プラグインアップデートをすると
PHPのsafemodeがONになってるので”SAFE MODE Restriction”のエラーが
でてアップデートできません。

wp-adminの下に下記内容の.htaccessを配置しCGIモードで動かすと
うまくいきます。

<Files update.php>
AddHandler application/x-httpd-phpcgi .php
</Files>

add to hatena hatena.comment (0) add to del.icio.us (0) add to livedoor.clip (0) add to Yahoo!Bookmark (0) Total: 0

One Response to “CORESERVERでのWordPressの自動プラグインアップデート”

  1. admin Says:

    追記:本体のアップデートはまだバグが残っているようです。
    本体のアップはまだ手動が良いです。
    データが消える、サーバー上のファイルが消える?などの報告があるようです。

Leave a Reply

コメントリンクを nofollow free に設定することも出来ます。