11月 06

ホストOS: Mac OS X 10.5.8

Macでの仮想HDDのパス

/home/ユーザー名/.VirtualBox/HardDisks/xxx.vdi

Continue reading »

11月 06
起動中のウィンドウの左下の共有フォルダアイコンをクリックして設定
ゲストOSのコマンドラインで”net use z: ¥¥vboxsvr¥共有フォルダ名”を実行
ネットワークドライブZ: が表示されます。

起動中のウィンドウの左下の「共有フォルダアイコン」をクリックして設定

ゲストOSのコマンドラインで”net use z: ¥¥vboxsvr¥共有フォルダ名”を実行

ネットワークドライブZ: が表示されます。 Continue reading »

11月 03
VirtualBoxのイメージを作るときにケチって10GBとかにしたので、容量が足りなくなって
きたので増やしてみました。
可変サイズのイメージなのにとりあえず10GBにしとこう。みたいなのりでした。
変更するのは結構面倒です。
環境:
ホストOS Mac
ゲストOS WinXP(10GB)
旧仮想イメージ(OldHD)
新仮想イメージ(NewHD)
10GBでインストールしたが容量が足りないので25GBにしてみる。
1、VirtualBoxでWindowsのイメージを新しく作る
これが容量変更後のイメージです(NewHD)
25GBにして作る
2、(OldHD)にセカンダリHDとして(NewHD)をマウント
Clonezillaでコピーする為です
3、Clonezilla
http://clonezilla.org/
ClonezillaのLiveCDをDLしてCDブートします
DisktoDisk(2番)を選んでコピーする
日本語メニューを選べます
※キー入力について
キーマップを選択しないとキー入力ができませんでした
下記を参考にして
「キーボード配置ファミリ」を「qwerty」
「キーボード配置」を「Japanese」
「キーボードの変種」を「101」
にするとうまくいきました。
http://lists.debian.or.jp/debian-users/200907/msg00096.html
4、コピーの確認
(NewHD)で起動できるか確認します
5、GParted
http://gparted.sourceforge.net/
GPartedでリサイズします
(NewHD)を25GBにします
GPartedのLiveCDをDLしてCDブートします
CDブートしたらメニューの一番上の「Default Setting」を選択
Configuring console-data画面になるので下記を選択
「Select keymap from arch list」
「qwerty」を選択
「Japanese」を選択
「101」を選択
Which language do you prefer?
「15」で日本語を選択します
Which mode do you prefer?
そのままエンターをおします
これでGPartedが起動します。
「リサイズ/移動」ボタンを押して矢印をドラッグしてサイズを決めます
「保留中」になるので「編集」->「保留中の全ての操作を適用する」を選択して、HDに変更を適応します
15秒ぐらいで終わりました
右上の「Exit」を押して「ShutDown」を選択して終了します
6、起動確認
起動時にWindowsのDiskCheckが走りますが無事起動しました

VirtualBoxのイメージを作るときにケチって10GBとかにしたので、容量が足りなくなって

きたので増やしてみました。

可変サイズのイメージなのにとりあえず10GBにしとこう。みたいなのりでした。

変更するのは結構面倒です。 Continue reading »